%{FACEBOOKSCRIPT}%

導入事例

製品資料を電子ブック化。お客様が手元で参照する資料を更新し、常に新しい情報を見てもらう環境を実現。

株式会社日本天然物研究所様
株式会社日本天然物研究所様

医薬部外品・化粧品・健康食品の製造販売を行う株式会社日本天然物研究所様にグループ会社(化粧品・健康食品の原料メーカー)の製品カタログや各製品の資料を電子化するため、電子ブック作成ツール「ActiBook One」を導入いただきました。

株式会社日本天然物研究所様はウェブサイトに各製品の資料をPDFでアップロードしていましたが、資料に記載している情報は変更が多く、そのたびに改訂版をアップロードし直す必要がありました。その方法ではユーザーが改定のたびに新しい資料をダウンロードしなければならず、また、一度ダウンロードしてしまえばオフラインでも資料を見ることができるため、ユーザーが古い資料を参照する場合があることが大きな課題でした。
そこでお客様の手元にある資料を更新し、常に新しい情報を見てもらうために電子ブック化を検討されました。

なかでも「ActiBook One」の
①電子ブックを簡単に作成・公開できること
②自分たちで電子ブックの管理がしやすいこと
③ページを差し替えても公開URLが変わらないこと
④ログを確認できるため、マーケティングを強化できること
という点に魅力を感じて導入いただきました。

日本天然物研究所様が電子ブック化された製品リスト

製品カタログや各製品の資料の電子ブック化より、ユーザーが資料を閲覧する際は必ずHPの電子ブックにアクセスするため、常に最新情報を見ている環境を整えることができました。電子ブックによる資料提供はお客様からの反響も良いそうです。

また、化粧品用・健康食品用それぞれの原料リストや各原料の紹介資料など、電子ブック化したい資料はまだ数多くあるとのこと。ログデータにより、今まで分からなかった資料の閲覧状況の傾向が少し見えるようになってきたため、それを生かして資料をさらに充実させ、より多くのお客様が見やすい環境を整えていきたいということです。

「ActiBook One」はドラッグ&ドロップで、すぐに電子化と配信が可能なので、更新頻度の高い資料の電子ブック化でも簡単に内製できます。電子ブック化された資料はHPで閲覧するため、お客様に最新情報を見やすい形でお届け可能です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加